一部メディアで省略して報道されてしまい、「次亜塩素酸水」には効果が無いとの誤った情報が流れております。

今回の報道発表に対する弊社見解をお伝えさせていただきます。
※ご参照元:https://www.nite.go.jp/information/osirase20200529.html

まず、今回の報道発表では次亜塩素酸水に効果が無いことを言っているわけではありません。経済産業省の報道発表(令和2年5月29日)において以下の通り記載されています。
※以下ご参照(原文まま)
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200529005/20200529005.html
—————————————————————————————————————————
問.「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところですが、塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが、5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。
※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。

しっかりと濃度表記と使用期間が無い商品が多いということも指摘しています。弊社商品は、当初からそれを明確に伝えている商品です。

① 濃度表記:50ppm(商品パッケージ正面)
② 製造年月:製造月を記載
③ 消費期限:製造月から1年(目安)

また、弊社の製品は「緩衝法(特許製法)」という高濃度で安定した状態で生成される”持続安定型”の次亜塩素酸水です。
今回の報道で指摘された「電解法」で生成されたものではありません。

本製品の発売日は2020年1月であり、日本における現状のコロナ問題の有無に関わらず、昨年より開発していた商品となります。
元来、次亜塩素酸自体は、高い殺菌力と安全性から、医療機器の消毒や農薬、カット野菜の洗浄剤等として幅広く除菌用剤として周知されているものですので、あえてコロナウィルス等特定の除菌効果試験は行っておりませんでした。しかし、この度宮崎大学農学部獣医学科 (山口良二教授)にて実証実験を行い、効果が認められています

別商品で今回発売させて頂きました「天然バリアスプレー」に関しては、特殊製法であり、かつ、その除菌効果が周知されているものではありませんので、様々な効果試験を行っております。

その他ご不明な点等ございましたら、お問い合わせいただければと思います。