細胞と細胞の間を満たすクッション成分(緩衝材の役割)において、ヒアルロン酸やコラーゲン以上に高い効果が証明され、美容系(もっちり美肌)と関節系(関節クッション強化)として人気のプロテオグリカン。

プロテオグリカンの特徴

▶肌の弾力&保湿
▶細胞の糖鎖
▶EGFやFGFなどの細胞成長因子
▶豊富なアミノ酸
▶コンドロイチンも含有

しかしそのプロテオグリカン原料には2つの課題があることをご存じでしょうか?

<従来のプロテオグリカン原料の問題点>

▶課題1つ目は、プロテオグリカン最大の弱点ともいえる「高温加熱に弱いこと」。高温をかけることで変性し、本来の力を大幅に失います。それを分かってはいても、多くのプロテオグリカン原料は殺菌のために高温加熱してしまっているのです。

▶課題2つ目は、高温加熱を避けるために人体に有害指定されている化学物質で高濃度生成されている原料が存在することです(その後の工程で全て除去されているとのこと)。継続摂取するには心配も残ります。

上記2つのどちらのタイプのプロテオグリカンも、実感効果を発揮するわけですが、望ましいとはいえません。

<当社のプロテオグリカン原料の特徴>

当社では北海道および三陸の漁業者様と一緒に、良質なプロテオグリカン原料開発に取り組んでいます。そして、上記2つの課題を解消するための新しい手法を実践し、さらなる開発も続けています。

最大の特徴

▶できる限り高温加熱せず、一切化学物質分解を使わない職人の手作業抽出(プロテオグリカン含有量が最も部位だけを手作業で取り出しています。とても手間がかかる原始的な手法ですが、安心して摂取することが可能です)
▶さらに現在、より精度の高いプロテオグリカン原料も開発中で、2020年春頃にリリース予定です。

原料原産地

▶北海道産と岩手~青森のリアス式海岸産の天然鮭

<プロテオグリカンの活用>

相性の良いお客様層(ターゲットの方向性)

▶美容・美肌
▶アンチエイジング
▶関節痛、ロコモ

相性の良い配合成分

▶【美容】ツバメの巣、プラセンタ、ヒアルロン酸、N-アセチルグルコサミン、コラーゲン、エラスチン、他
▶【アンチエイジング】ツバメの巣、プラセンタ、幹細胞、乳酸菌、他
▶【関節・ロコモ】コンドロイチン、MSM、SAMe、他

<現在、特別キャンペーン中>

より多くの方に当社プロテオグリカンを使って頂きたく、現在、OEM・原料供給ともに特別価格で提供中です。小ロットで対応できますので、お気軽にお問合せください。また、プロテオグリカン配合のOEMについても積極的に配合ノウハウのサポートをさせて頂きます。

▶小ロットOEMの概要はこちら
▶サプリOEMのお問合せフォームはこちら